カテゴリ:映画( 8 )

今年のベスト(映画編)

17本しか見なかったのですが。。。

クストリッツァの「ライフ・イズ・ミラクル」 これが最高でしたね。

次点として「珈琲時光」、「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」、「野田版鼠小僧」、「真夜中の弥次さん喜多さん」、「ハックル」、「メゾン・ド・ヒミコ」、「永遠のモータウン」

今年の期待はずれはアンゲロプロスの「エレニの旅」。連作らしいので(というか、一本撮ったつもりが長すぎたので分けることにしたらしい)、次回に期待できるだろうか。。。
鈴木清順の「オペレッタ狸御殿」もがっくり。

見逃しているのが「ブコウスキー オールドパンク」。下高井戸に来ないかなあと期待しているのですが。

(ポン太》
[PR]
by padmabali | 2005-12-28 22:54 | 映画

卑弥呼の家

メゾン・ド・ヒミコ
柴咲コウって、あの、下から睨んで眉根に皺を寄せる表情が
印象的だったのですが、この映画では、それが全開。
それにあの、ぺちゃぺちゃ声が少し聞き取りにくい。でも
「親子対決」の場ではなかなか踏ん張ってました。

田中泯の、舞踊家とは思えない(!?)素晴らしい声が聴けます。
ほとんど動かない演技なのに目と声で十分、です。

オダギリ・ジョー、いい男っ。彼は左目が右目よりも高い位置に付いて
いますなあ。右半分と左半分でまったく違う表情になるのだろうなあ。

細野晴臣氏の音楽、工夫がいろいろあって楽しい。

犬童監督つながりで「ジョゼと虎と魚たち」、田中泯つながりで
「たそがれ清兵衛」を観たくなりました。

(KyokChou)
[PR]
by padmabali | 2005-09-02 19:12 | 映画

ブルースとソウル

ライトニング・イン・ア・ボトル
ソロモン・バーク圧巻。ナタリー・コールも随分うまくなったなあ。。。
個人的にはソロのおじいさん達に、拍手。

ソウル・サヴァイヴァー
ルーファス・トーマスもよいが、サム・ムーアにヤラレル。
歌詞の対訳が全くないのには閉口。

映画としてはやはり「ライトニング」の方が上だなあ。
ただ、こちらの観客はどうみてもセレブな人たちであるのが
アメリカっぽい。「これがブルースだ!どーだすごいだろう!」と
いう舞台を金持ちが楽しむという構図は、映画のためとはいえ、
どうなんだろうか。これもブルース、なんだろうか。

(Jim "blue" kyok-chou)
三軒茶屋中央劇場です。空いてます。
[PR]
by padmabali | 2005-08-27 18:24 | 映画

まさにミラクル

エミール・クストリッツァ「ライフ・イズ・ミラクル」を観ました。
絶望的な状況と楽天的な設定と、さらに楽天的(に見える)動物達がグルグルと展開していき、まったく間然とするところのない映画です。
久しぶりに5点満点、かな。「黒猫白猫」並かそれ以上におすすめかも。
公式サイトこちら
そのうちkuroも書くと思います。
平日の最終回、すごく良い席でゆったり見られます。
(JKC)
[PR]
by padmabali | 2005-07-22 21:13 | 映画

kyok-chouの映画日記

「オペレッタ狸御殿」(公式サイト)見てきました。
平日の14時の回でしたが、客層が見事にバッラバラ。
居なかったのは(Kyokchouのような)サラリーマン男性だけ。

それはともかくとして、、、

つづき?
[PR]
by padmabali | 2005-06-09 15:02 | 映画

「ウィスキー」看板に偽りアリ

「ウィスキー」という映画をみました。
http://bitters.co.jp/whisky/

宣伝には「幸せの」とか「ユーモア」とかの文字が結構目立ってますが、
パドマの2人が見たのはどちらかというと、ウルグアイの人たちの

まだ、先があります。
[PR]
by padmabali | 2005-05-22 22:20 | 映画

kyokchouの映画日記

「父と暮らせば」を見てきました。
オフィシャルページ

原田芳雄さん、広島出身ですかね?kyokchouは関西出身なのでよく
芸能人の方言には耳が行ってしまうのですが、なかなかこなれておりました。

宮沢りえさんは演技が上手になりましたねえ。広島弁もよくこなしていたように
思いますが、おそらく広島人には少し違和感あったかも。
というのは、ことばとイントネーションがあまりにも明確だったから。

この先こちら
[PR]
by padmabali | 2005-05-14 22:49 | 映画

Kyok-chouの映画日記

大好きな監督テオ・アンゲロプロスの新作を見てきました。

これまでの作品には必ず一つ、意味が即座にわかりかねるような
象徴的なシーンがあったのですが、今回は非常に現実的な印象を
受けました。。。
http://www.bowjapan.com/eleni/

もっと読みます?
[PR]
by padmabali | 2005-05-08 19:22 | 映画