<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

影絵芝居@富岡八幡宮

ババカン・ボーイズ?による影絵芝居(ワヤンクリット)が富岡八幡宮に奉納されました。
開始が少し押したので、正味1時間半程度になりましたが、やはり
空に立ち上るグンデルとダランの声が非常によい雰囲気でした。

演奏は、うーんさすが。しかし少し緊張していたかな。また、終了時刻が
決まっていたので、本筋開始前の演奏がところどころ短縮バージョンに
なっていたのは残念。

ダランのマルディコも日本語を交えてなかなかウケていました。
甲府はどうだったんでしょうか?

(局長@7/28)
[PR]
by padmabali | 2005-07-31 21:26 | ガムラン関係

ばばかん・ぼーいず?全開中

バリ島はスカワティ村ババカンから、精鋭アーティスト来日中!
アーティスト、というには普段は非常に非常にフレンドリーな
彼らですが、やはり練習中はさすがババカンs、するどい視線や
指示が飛んでおりました。

26日のための練習中のひとこま
d0042368_21242734.jpg

出番待ち(以前)の人形達。
d0042368_21245390.jpg
↓詳しくはこちら。http://www.kt.rim.or.jp/~maktori/gamelan/index.html
7・26,28,29,8・3の公演はすべて彼らです。

昔はジャニーズ系と一部で騒がれ、一部で名づけられた
「ばばかん・ぼーいず」ほとんどが結婚しても、まだまだ若い!

是非バリグンデルの極地、スカワティの魅力を堪能してください。
別にお金もらってる訳やおまへん。心底書いてます。
(きょくちょお)
[PR]
by padmabali | 2005-07-25 21:30 | ガムラン関係

まさにミラクル

エミール・クストリッツァ「ライフ・イズ・ミラクル」を観ました。
絶望的な状況と楽天的な設定と、さらに楽天的(に見える)動物達がグルグルと展開していき、まったく間然とするところのない映画です。
久しぶりに5点満点、かな。「黒猫白猫」並かそれ以上におすすめかも。
公式サイトこちら
そのうちkuroも書くと思います。
平日の最終回、すごく良い席でゆったり見られます。
(JKC)
[PR]
by padmabali | 2005-07-22 21:13 | 映画

沖縄の不思議なもの(1)

まずですね、日焼けをしたシーサー
d0042368_21213394.jpg

次に、4月の第3日曜日は、モズクの日。
d0042368_2122366.jpg

==================
今日は代休だったので、「渡バリ」に備えて久しぶりにスカワティの曲を復習しました。ヤバイ。誰でも知っている曲が以外に忘れている。手が止まる。

師匠、申し訳ありません。(←先に謝っておく)
(JKC)
[PR]
by padmabali | 2005-07-20 21:26 | よしなし事

那覇往復

二泊三日で那覇へ行きました。
最初に、沖芸クンバンマスのみなさん、お世話になりました。おおきに~

お友達イラストレータのOさんから紹介されて
豊見城そばに行きました。
ちなみに看板には「豊見城すば」。沖縄ですねえ。

写真はソーキそばです。600円。調子に乗ってビールも飲んだら食べすぎで腹痛おこしました。
d0042368_21181083.jpg


気になるパンのようなお菓子も買いました。
その名も「コンペン」。コンペン、ですよ、コンペン。
d0042368_21192552.jpg


う、別に気にならない?気になる人は相当な
ガムラン漬けの人です。

(JKC)
[PR]
by padmabali | 2005-07-17 21:20 | よしなし事

ペスタスニのご報告

先日バリから帰ってきたざちょです。
遅ればせながら、バリ芸術祭(ペスタスニ)のご報告を。

今回の企画はバリで伝統をベースにしながらもコンテンポラリーな活動を続けるARTI Foundationの企画で、パドマを含め5つのグループが新作を披露。パドマだけがオール日本人であとはバリ人組とバリ人+日本人のコラボでしたが、ある意味私たちが一番バリ・トラディショナルっぽい作品だったかも。

今回上演した「パドマ蓮」はもともと去年の「月下酔楽」のための舞台作品で、公演全体の流れやグンデルワヤンのインスト曲とのバランス、
それにホール公演の長所(照明や美術が凝れる)と短所(普通のバリのグンデルワヤンの演奏場所の雰囲気から程遠い)を考慮した演出だったので、
バリのお客様の前で、またホールとはいえ非常にバリ的な場でそれを上演することの面白さと難しさの両方を感じました。

いかにもバリっぽい彫刻の門の間に座った踊り手が神々しく見えたのはいいとして、静かで繊細なそうっとひきたい場面で、外から大音量のアナウンス(泣)とかね。

反応もさまざま。
一応プナブの2人は女の子の装いで、友人たちに安堵されました(日本公演時は男装。演奏上は楽なのだがバリ人には相当変らしい。コスプレくらいには見えているのではないかと思われる)

新しい実験をやる時はまあ、賛否両論あるくらいでないと意味がないかも、と思うんですが、十分に友人たちの感想を聞き出せないまま、慌しくバリを去らなければならなかったのが心残り。あーしかし疲れた。
[PR]
by padmabali | 2005-07-11 16:58 | パドマ情報

練習練習。

暑かったですなあ。。。まだまだ4,5度暑くなるとはあまり考えたくないですが、まあ、ビールも美味くなれば風呂もさっぱりと入れるということで。。。

しかしこの練習場所の湿気ていること!

バチ(パングル、といいますが)の柄の部分にうっすらカビが。

練習を見学するわが家の大臣(手前)も嫌そうな顔をしております。
d0042368_20475056.jpg


(JKC)
[PR]
by padmabali | 2005-07-10 20:46 | ガムラン関係

小玉川のバテル練習

昨夜は7月17日の公演練習
(画面右上に情報あり)に、遊びに行きました。
ダラン(人形遣い)も加わって賑やかでした。

うちの大臣も行きたいと言って音工場のサイトを
見ております。(写真左。後ろアタマ)
d0042368_1311397.jpg

パドマ主宰のMがグンデルを弾きます。白熱灯ではなく、
本物の火を使った影絵芝居はなかなか見られません。(日本では)

(JKC)
[PR]
by padmabali | 2005-07-09 13:13 | ガムラン関係

古いガンブー劇のCD

クラシックのCDをさがしていたら、そこは民族音楽も扱っていて、試しにgambuhと入れたら、出てきたんです。
d0042368_17502547.jpg

フランス、侮りがたし。

Sebatu村近くのKedisanに残っているガンブー劇の録音です。台詞などもそのまま録音されてます。
役者がすべて男。女官も、男。

解説も比較的にしっかりしてます。写真も豊富。(まだちゃんと読んでませんが)

2000年に出ていたのねー。全然知らなかった・・・

(jkc)
[PR]
by padmabali | 2005-07-03 17:53 | CDとかね。

パドマ、新聞に載る

現地からの情報で、バリ島のBali post紙のデンパサール版
「Denpost」に今回のパドマ「蓮」上演が紹介されたとのこと。
さっそく局長はWebで探してみました。

ありましたあ!

http://www.denpasarpost.tv/2005/07/01/hiburan1.htm

何?かわいい女の子と男達がニューアルバムを出したって?
いやいや、その下です。昨年「月下酔楽」の舞台写真ととともに
紹介されています。(すみません、インドネシア語の訳は勘弁・・・)

本番は月曜日(4日)の夜です。またそのときの評が、今度はBali Post本体に載ることを期待しつつ・・・

(じむきょくちょー)
[PR]
by padmabali | 2005-07-02 22:23 | パドマ情報