<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

やばい。。。

練習してない・・・まずい。

練習一回もしないでいきなり舞台で台詞を
喋らなければいけない、焦る!でももう舞台の上!というパターンの夢をときどき見ます。

バリから帰国して一ヶ月以上経つのにまだ
一回しか楽器に触っていない!

これは非常にまずい、ヤバイので、

私は家を買って、楽器を夜弾けるようにします。

。。。と言うだけはタダ。

(誰か家をください。パドマ事務局長より)
[PR]
by padmabali | 2005-09-29 20:53 | パドマ情報

大阪のオバちゃん、若者の行動

1)道路際の電柱に向かってウンコ座りをしつつ、
世間話をしているオバハン2人を見た。

2)うぉー、と叫びつつ原付の若い男が、自転車(
こちらも若い男)の後部荷物台に右足を乗せて
押していた。時速30キロ以上は優に出ていた。
絶対バリ人なら大喜びだ。

以上。
(kyok-chou)
[PR]
by padmabali | 2005-09-21 18:49 | よしなし事

これからの活動予定

メモ欄にもあるのですが、、、
12日に八幡山小学校で小学生にグンデルを
聴いてもらう会、があります。
将来、1人でも引き込めればなあ。裾野を広げなければ。

15日はパドマの活動ではないのですが、櫻田さん
主宰のTerang Bulan(トゥランブラン)のお仕事で町田の版画博物館に行きます。

実はまだ練習に出てないのですが(私事、どたばたしてまして・・・)

ま、ぼちぼちやりませう。

(kyokchou)
[PR]
by padmabali | 2005-09-21 18:45 | パドマ情報

マレーシア土産

パドマ座長がマレーシアから戻ってきました。
みやげ物を二つほどご紹介。。。
1)魚と龍と海老の形のクッキー
d0042368_15431086.jpg

2)ぢぢいでも元気の出る珈琲。(もちろんアチラの元気です。)
d0042368_15432965.jpg


あ、あとなぜか、「ルベーン・ゴンザレスとイブラヒム・フェレールのツー・ショット」マグネット、なんてものもなぜかマレーシアに。
(きょくちょう)
[PR]
by padmabali | 2005-09-14 15:45 | よしなし事

懐かしい人

。。。がいきなり新聞のテレビ欄に出ていました。

もう何年もお会いしていませんが、ご活躍でよかったです。

まだ写真集持ってますよー内野さーん。

NHK「趣味悠々」のページ

(みんな自分の道をすすんでおるなーと感涙のkyokchou)
[PR]
by padmabali | 2005-09-10 18:47 | よしなし事

きょくちょおのバリ日記 (いとしのトゥムラワ)

バリから戻る時には最近必ず買うものがあります。
粉末の「トゥムラワtemulawak」という飲み物。

飲み物というより、クスリ?
d0042368_20325566.jpg
ウコンの一種から作る飲料水です。詳しくは
こちらからどうぞ
たいていの人はこれを「まずい」と表現しますが、Kyokchou的には
これは「うまいっ」になります。
そういう人たちが集まって「トゥムラワ友の会(非公式)」も存在します。

今回は写真左にあるような袋入り8袋でいくら、みたいなものを
バトゥブランに新しくできた大きなスーパーマーケットで購入。
写真の紙袋のなかにさらにビニール袋でその「黄色い粉」が
入っているのですが、お決まりのように8袋のうち2袋からは
粉が漏れておりました。

今日はお湯で飲んでみよう!(写真右)
「うーん、まず、うまい!
M.Tさん、デンパサールのワルンではまだ売ってますよ!(下の写真)
d0042368_2034221.jpg

(kyokchou)
[PR]
by padmabali | 2005-09-06 20:33 | よしなし事

きょくちょおのバリ日記 (庭と木と人)

ナンということはないのですが、なごむ写真です。
d0042368_187057.jpg

残念ながらこの木は倒されて(マンゴーの樹!)練習場になる予定だとか。
広い庭に樹があってその下に座って語らうというのは
私の理想の一つです。

うーむ、悲しい。。。
(きょくちょお)
[PR]
by padmabali | 2005-09-03 18:09 | よしなし事

卑弥呼の家

メゾン・ド・ヒミコ
柴咲コウって、あの、下から睨んで眉根に皺を寄せる表情が
印象的だったのですが、この映画では、それが全開。
それにあの、ぺちゃぺちゃ声が少し聞き取りにくい。でも
「親子対決」の場ではなかなか踏ん張ってました。

田中泯の、舞踊家とは思えない(!?)素晴らしい声が聴けます。
ほとんど動かない演技なのに目と声で十分、です。

オダギリ・ジョー、いい男っ。彼は左目が右目よりも高い位置に付いて
いますなあ。右半分と左半分でまったく違う表情になるのだろうなあ。

細野晴臣氏の音楽、工夫がいろいろあって楽しい。

犬童監督つながりで「ジョゼと虎と魚たち」、田中泯つながりで
「たそがれ清兵衛」を観たくなりました。

(KyokChou)
[PR]
by padmabali | 2005-09-02 19:12 | 映画